ランナーのための鍼灸治療

初めに

地域柄なのかマラソンやランニングされる方も多くご来院されております。人によっては仕事をしながらも月間700kmもの距離を走る方もおられます。

ランナーさんの痛みや不調はいくつかのパターンに分かれるのですが、原因の主なものはオーバーユース(使い過ぎ)症候群です。それ加えてランニングフォーム、重心の癖、栄養状態、睡眠の不調、路面の硬さ、など複合的な要因が重なって起こります。

多くのランナーさんの症状に対して鍼灸によって非常に早いスピードで治すことも頻繁にあり、ランナーさん方からのクチコミでご来院されることも非常に増えてきました。

以下に疾患別の原因、病態、施術などについて記していきます。

ランナー膝(ランナーズニー)

ランナー膝はランニングによって起きる膝関節周囲のスポーツ障害の総称ですが、その中で頻発する病態として腸脛靭帯炎、鵞足炎について述べたいと思います。

まず腸脛靭帯炎とは一般的には長距離のランニングによって腸脛靭帯が緊張を起こし、大腿骨の下端と接触することで炎症を起こすものとされています。しかしその実態のほとんどは腸脛靭帯に連なる大腿筋膜張筋の過緊張によって腸脛靭帯が牽引されることによる痛みです。ほとんどのケースで炎症は起きていないと考えています。その証拠に早い患者さんで施術直後から痛みが完全に取れていることも多いのです。もし炎症があればそのようにはいかないのではないでしょうか。

また腸脛靭帯炎として誤診されるケースとして小臀筋という股関節のインナーマッスルに硬結と言われる筋肉の結び目のような小さなコリが起きることによって、それをトリガーポイント※として大腿から膝の外側にかけて関連痛を起こすことがあります。痛みの出たところだけに注目してしまうと腸脛靭帯炎のようにも見えてしまうのですが、小臀筋のトリガーポイントであることが多いです。

本来の腸脛靭帯炎の場合は大腿筋膜張筋に過緊張を鍼で取ることで治し、小臀筋のトリガーポイントの場合は小臀筋に鍼を打ってパルスを流すことで早期の改善をはかります。

つまりほとんどのケースで膝に湿布などをしても改善しない理由がわかっていただけると思います。

※トリガーポイント:

ある部位の筋肉の硬結(豆のような筋肉の凝り)がその部位とは離れた場所に痛みを発するきっかけ(トリガー)になるというメカニズムのこと。

ジャンバー膝

ジャンパー膝とは名前の通り、バレーボールやバスケットボールでジャンプ動作や着地動作を頻回に行うことで起きる膝周囲の痛みです。ほとんどは大腿四頭筋の過緊張やトリガーポイントによって起きるため、ランニングやサッカー等どんなスポーツでも起きる可能性があります。

整形外科的には大腿四頭筋の緊張と弛緩を頻繁に繰り返すことで、腱実質部に出血、浮腫、ムコイド変性(結合組織の粘液変性)、フィブリノイド変性(繊維様のものが組織に沈着して炎症を起こす)を起こして腱の微少断裂、完全断裂を起こすものとされています。

これに関しても当院にご来院される多くの場合では、大腿四頭筋の過緊張で膝蓋骨への牽引圧力が高まることで膝の痛みが発生したり、大腿四頭筋のトリガーポイントによる膝上部の痛みが発生していることがほとんどで腱断裂とみられる状態は極めて稀なケースという印象を持っています。

こちらに関しては多くのケースで初回の治療から痛みが引いています。もちろん本当に炎症を伴っている場合はその限りではありませんが、その場合でも大腿四頭筋を弛緩させる鍼治療を行うことで痛みが少しひき、炎症を起こす直接的な原因であった摩擦力も抑えるため、数回の治療で痛みをとることがほとんどです。

このような場合、大腿四頭筋の過度なストレッチやマッサージで過緊張やトリガーポイントが取れることはほとんどないばかりか、大腿四頭筋が緊張したまま牽引させることで症状が悪化することがあるのでご注意ください。筋膜リリースポールやマッサージガンによる処置もトリガーポイント(硬結)を取ることは難しいと思います。それらが効くのは簡単に筋疲労による軽度の緊張だと考えております。

ハムの痛み

マラソンやランニングをされる方でハムの痛みを抱えている方は非常に多い感じます。

データとしても拮抗筋である大腿四頭筋よりもハムストリングの筋力が強いランナーの方がマラソンの成績が良いという結果が出ているため、ハムストリングや臀筋群を意識したランニングを心がけている方が多いからだと思います。

ただ、過度にハムストリングを意識しすぎているためか、もしくは単純にオーバーユース(走り過ぎ)のためハムストリングの過緊張が慢性化してしまい、運動後もハムストリングが弛緩しなくなってしまうことで筋膜性の疼痛が出ている方を多く見かけます。またハムストリングの慢性的緊張によって筋膜的につながりのあるふくらはぎ(腓腹筋、ヒラメ筋)の慢性的な緊張を誘発してしまっているケースも散見されます。

この場合も病側の腰のインナーマッスル、中臀筋、ハムストリングスなどに対してランナーに特化した鍼治療が有効である場合がほとんどです。(※国内で多く施術されている日本的な鍼施術(経絡治療)などはほとんど意味をなしません)

※以下、近日追記します。

シンスプリント

足底腱膜炎

肉離れ