不妊症の鍼灸治療

目次

不妊症の目安

不妊症の原因

不妊症の西洋医学的治療

不妊症の鍼灸治療

鍼灸治療で重視するポイント

不妊症は整体で治るのか?

不妊症の目安

不妊症は性生活を初めてかからどのぐらい妊娠しないことを言うのか?これまでは2年とされていたのですが、1年で9割が妊娠することを考えると目安は1年妊娠しない場合とするのが適当だと考えています。

不妊の原因

まず不妊の原因の1/2が女性、1/4が男性、1/4が不明です。

1)女性不妊症

最多は子宮内膜症、卵巣機能不全、卵管通過障害、黄体機能不全、高いプロラクチン血症、不育症

2)男性不妊症

大部分は増精機能障害(無精子症)、精子通過障害(精路閉鎖)やインポテンス。

不妊症の西洋医学的治療

当院で西洋学的な治療をすることはありませんが、一般的に以下に紹介する1)から4)の順番ですすんでいきます。これらの治療をしながら鍼灸治療などを並行していくことも可能です。

※排卵誘発剤:無排卵症では高温期はないが月経がくることもある。これを無排卵月経とよぶ。排卵誘発剤(ゴナドトロピンなど)による排卵誘発剤を行うこともある。

1)タイミング法

おりものの状態、卵胞の大きさ、血中値などから排卵日を正確に把握して、その日に夫婦生活を営んでもらう方法です。

クリニックを利用しない場合はドゥーテストなどの排卵日予測検査薬などを使って排卵日を特定するご夫婦もおられるようです。

2)人工受精

排卵日に夫婦生活を行っても妊娠しない場合や、不妊の原因が精子にある場合には人工授精となります。

医療者の手を介して子宮内腔にチューブを使って精液を注入するもの。成功率は2割程度と言われている。これで妊娠できなければ体外受精を検討する。

3)体外受精

身体の外で精子と卵子を受精させて受精卵を子宮にもどす方法です。

麻酔下で卵胞に鍼を刺して吸引する。それを培養した後、精子を加えて受精させる。平均成功率は4割程度との報告もある。卵管通過障害では本治療を行う。

4)顕微受精

体外受精の一種だが、ガラス管などを使って精子を卵子に注入させる。

3)の体外受精は精子の力で自然に受精させ、顕微受精は人によって受精させている点が異なる。

不妊症の鍼灸治療(東洋医学的治療)

妊娠する上で大切なことは自律神経のバランスが正常で心身ともに落ち着いていること、またそれによって子宮内膜の血流量が豊富であることが非常に重要な要素です。婦人科系の疾患をお持ちでない患者さんには、このことを目的に治療をします。

不妊症の患者さんを診ていると、その多くは腹部や腰、足全体などの冷えの症状も抱えている方が多いと感じます。

よって鍼灸治療によって全身の自律神経の状態を適切にし、血流を改善させ、結果として骨盤内の血流を本来の状態にすることで妊娠しやすい身体にするのです。

ですのでお腹や腰、足などを暖めたりするだけでは冷えに対する根本的な問題解決になっていないのです。あくまでも目的は患者さんの身体が自律的に(自動的に)身体の内部を暖めることができるようになることなのです。

そういう意味で重要な治療箇所は仙骨分、腰部、背中、手足末端のツボです。これによって血流を司る自律神経に働きかけます。

不妊症のツボというと三陰交などが一般の方にも知られておりますが、あくまでそれは不妊症の患者さんに共通して使うツボに過ぎません。

また冷えはなさそうに見えても東洋医学で言うところの瘀血(血が滞留している)のような状態の患者さん(イライラ、発汗、焦り、不安なども伴うことが多い)もおられます。このようなタイプの不妊症の患者さんにはまた別の治療が必要になります。

不妊症の鍼灸治療というのは特殊なノウハウがあるわけではなく、患者さん各々の状態をしっかり診て、その人に合った治療をすることで骨盤内の血流を上げることなのです。

また当院ではご自宅でお灸をすることをおすすめしております。当院でしっかりとお身体を診た上で患者さん個人個人に対して特有のツボを決めてお伝えします。また排卵前後でツボを変えていただくことも多いです。例えば三陰交を使うのは排卵前までで排卵後は腎経の復溜を使ったりします。ツボの位置としては非常に微妙な違いなのですが、成果に大きく影響することもあります。

もちろん自宅で使っていただくお灸は市販のものではなく当院が自信を持っておすすすめできるものです。

不妊症の鍼灸治療は時間がかかることも多いですが、人によっては数ヶ月の治療で妊娠する方も多く見てきました。

鍼灸治療で重視するポイント

1)長めだった生理周期が、28日に近づく

2)高温期と低温期がはっきりとしてきて高温期が長くなる

3)体表所見の改善

・骨盤の歪みがなくなる。(骨盤の左右の高さが水平になる)

・下腹、腰、足の冷えが改善される。下腹部のぺこぺこした感じがなくなってくる(小腹不仁の改善)

・臍の下あたりの硬さがなくなってくる。(小腹急結、小腹硬満の改善)

不妊症は整体で治るのか?

これまで医療関係者や代替医療に関わる方々から話を伺ってきましたが、整体やカイロによって不妊症が解消されたという話はあまり聞いたことがありません。これに関して今後も情報収集をしていきますので、有効な方法があれば当院でも鍼灸だけにこだわらずに実践していくつもりです。

その他

・当院の鍼灸治療で妊娠される方には様々なタイプの方がおられます。近頃増えているケースとして不妊治療クリニックなどで治療を続けても妊娠せず、クリニックではネガティブなことを言われるばかりで気分がどんどん滅入り、コストの問題などからもクリニックに行くのをあきらめた方々です。その後、当院の鍼灸に絞りました。当院の鍼灸で心身全体のバランスを整えて焦らずに構えて、自然妊娠する例が増えてきているのです。不妊治療クリニックの治療で行き詰まっている方は一度ご相談ください。

現在初回限定の価格を設定しています。この機会に国家資格者による質の高い鍼灸をご体験ください。