うつ病の鍼灸治療

鍼灸治療でうつ病を治す。

当院にはうつ病、パニック障害、不安神経症、適応障害、身体表現性障害などを抱えた方が来院されることも多いです。

私も20後半に不安障害とそれに伴うひどい自律神経症状を抱えたことがあります。その体験も踏まえて患者さんの助けになれればと考えています。(極力患者さんやご家族のご希望に合う形で治療をしていきますが、場合によっては自然の生薬を出してくれる質の高い漢方薬局をご紹介することもあります。)

当院に来られる患者さんやご家族のご希望として圧倒的に多いのが「薬を使わずにうつ病を治したい」というものです。確かに精神科や心療内科などで多剤投与が問題になったり、投薬治療でその時は多少気分が良くなったとしても薬が手放せないようになってしまっては本来の健康な心身になっているとは言えないので、当然のご希望だと思います。

「薬を使わないうつ病の治療」って一体どうすればいいの?と考えインターネットなどで様々な情報を調べた上で当院にご連絡いただくことが多いのです。

以下は当院で行なっている鍼灸治療の内容です。

カウンセリングを兼ねた対話

鍼灸治療以前にそもそも「なぜうつ病になってしまったのか?」という問いは非常に大切だと思います。何事も正しい問題認識があって初めて正しい解決策が存在するからです。仮に鍼灸だけで症状が改善してもその後時間が経って再び同じ問題に直面してうつ病になってしまうかもしないからです。

もちろんご本人が認識していないような遠い昔の深いストレスがあって解決が簡単ではない場合もあります。しかしすぐに解決できなくても根本的な問題を認識する姿勢は持っていた方がいいと思います。

心の問題が起きる背景には患者さんの性格、親子関係、夫婦関係、職場の人間関係、仕事内容、人生観などが複雑に絡み合っています。人間なかなか一人ではご自身の中にある原因に気付くことができないものです。だからこそ鍼灸治療をしながらお話をしてゆっくりと気づいていただければと思っているのです。

カウンセリングも兼ねた対話の中で患者さんと一緒に考えて行きます。もちろん無理強いはしません。初めは鍼灸で心身を楽にするだけでも結構です。

うつ病の鍼灸治療

まだ世の中の認知度は低いのですが、うつ病、パニック障害、不安障害、身体表現性障害などに鍼灸が効くケースが多いです。特に心の問題と共に、首、頭部、背中、腰などに強張りや痛みなどを伴う方は特に効きやすいと思っています。またうつ症状以外にめまい、便秘、下痢などの自律神経症状を有する場合にはかなりの確率で鍼灸治療が効きます。

このような場合には顔面部 表情筋や脊柱起立筋などの抗重力筋への鍼灸刺激が有効なケースが多いです。抗重力筋にはセロトニン神経系や自律神経系が多く分布しています。この緊張を緩和することで症状改善につながる可能性が高いと思われます。 特に顔面部は前頭葉に与える影響が強いため、顔面部の施術後に頭がスッキリするはずです。

また首のコリをきっかけにうつ病になる人がいたり、精神疾患の後に首の病的な緊張を起こす人がいたり、首は鍼灸治療をする上では重要な場所になります。

そしてうつ病とともに入眠障害や早朝覚醒などの睡眠障害のある患者さんも多いと思います。この場合は少し熱めのお灸を併用して治療して行きます。

しかし、そもそもなぜうつ病の治療に鍼灸が効くのでしょうか?

もともと鍼による侵害刺激やお灸の熱さは人間や生物にとって不快なものであるはずです。不快なものがなぜ効くのでしょう。

人間の脳には太古から存在する動物としての脳(旧皮質)とヒトとしての脳(新皮質)がありますが、旧皮質には心身を正常に保つための動物としての機能(ホメオスタシス)が存在しています。その機能がストレスや過労などによって著しく低下してしまうことでうつ病などを発症されると考えられています。その古い脳が司る機能を活性化させるために太古の脳に記憶された危機感を呼び覚ます刺激、つまり鍼灸治療が有効になるわけです。

鍼灸と運動療法の併用

これは非常にシンプルです。まずはご自宅などで2、3日に1度のペースで10分程度の有酸素運動をしていただきます。もちろんそんなやる気すら起きない方、心因性の疼痛(痛み)があってウォーキング等もできない方がいるのもよくわかっています。そういう方は痛みが取れてからで結構です。

そもそも心の問題の病態というのは脳の神経伝達物質(セロトニン)などが量的なバランス崩した状態にあると言われています。本来であれば普通にしていてもそのバランスが保たれているのにうつ病になるとアンバランスになってしまうのです。それを解決するために脳も含めた全身の血流をあげて老廃物を除去して新鮮な血液を身体中に巡らせるというシンプルな方法が有効だと考えています。

脳という臓器は体の中でも最も虚血(酸欠)に弱い臓器で、少し酸素が欠乏しただけでもぼんやりしてしまったり、記憶できなくなってしまったりと正常に働かなくなります。ですので新鮮な酸素が脳に十分に行き渡るように運動療法をしていただくのです。

運動療法をする上で重要なポイントをいくつかご紹介します、「飽きたらやめること」「義務的にやらない」「計画通りに運動できなくても気にしないこと」などです。これはトレーニングではありません。自分の気持ちを少しでも良くして行くための治療です。なので誰もとがめたりはしませんので自分の判断でやめてもいいのです。そして適当に長くやることが大切なのです。

お仕事を再開することについて

治療していて少し改善してくるとお仕事のことを考える方も多いです。

「いつかまた仕事をしたい」と前向きな気持ちが出てくる方も多いです。ただアルバイトでも初めてまた同じことになってしまたら、、、と不安があったりしてなかなか一歩を踏み出せないものです。

そんな方におすすめの活動があります。それは介護施設でのボランティアを始めることです。ボランティアなので活動は本人の希望を受け入れてもらえるケースも多いと思いますし、お金をもらっていないので精神的に気楽だと思います。

なぜ私がある程度改善した患者さんに介護施設でのボランティアをおすすめするのか。

それは人間が心身が健全であるためには人との触れ合いが必要だと思うからです。うつ病でしばらくお仕事をしていない状態になると、触れ合う人は限られてしまいます。そこをワンステップあがっていただきたいのです。でも突然アルバイトをしてきつい上司や同僚だったら嫌ですよね。また介護施設は地域に増えているので通勤時間もさほどかからないことが多いと思います。

ボランティアをすることで利用者さん、施設のスタッフさんなどに感謝される場面も必ずあると思います。「あなたがいてくれて助かります」「ありがとうございます」などの言葉は人間にとって癒しの言葉になる場合も多いと思います。たったそれだけの言葉ですが、ご自身が社会に必要とされていることを改めて実感することと思います。

ボランティアなら何でもいいわけではなく、人に対して直接コミュニケーションをとって何かを抵抗するお仕事が理想です。それでいて困難な環境ではないことが非常に大事です。さすがにボランティアさんに対して無理なことを言う人は世の中には少ないと思います。ご興味のある方は、「地域名 介護施設 ボランティア」などで検索をして調べてみると良いと思います。

もしボランティアで働くことの雰囲気がつかめて自信がでてきたら、そのままその施設で働くという選択肢も出てくると思います。

・藤沢のボランティアについて掲載されているページを紹介します。

藤沢市社会福祉協議会・ボランティア募集情報

◉追記

・これまで精神疾患の患者さんを多く見てきましたが、うつ病の初期段階は自律神経失調症です。いきなりうつ病を発症することはほとんどありません。

そしてうつ病は早い段階でご来院いただければいただくほど治るのも早くなります。ですので本来は自律神経失調症のような症状が出はじめたときにご来院いただきたいと切に願っています。(2019年1月追記)

・治療期間について尋ねられることが多いのですが、患者さん個人個人によって状況や病態が異なるため一概に答えられないのが現状です。ただ大雑把な目安としてはパニック障害は比較的早く治癒するケースが多く(3ヶ月〜6ヶ月)、不安障害は比較的長く時間がかかる傾向にあります(6ヶ月以上)。統合失調症は概して治療い時間がかかります(1年以上)。(2019年1月追記)

藤沢、鎌倉、茅ヶ崎などの湘南エリアで薬を使わずにうつ病などを治したいけれど、どのようにしていけばいいのか迷っている方は一度ご相談ください。

うつ病と同時に自律神経失調症の症状が起きていることも頻繁にありますので、関連記事として下記もお読みください。

※関連記事

自律神経失調症

自律神経失調症(藤沢・30代半ば・女性)

過敏性腸症候群(藤沢・32歳・男性)

めまい(藤沢・43歳・女性)

自律神経失調症をどう捉え、どう治すか?

自律神経とは?

現在、期間限定で初回特別価格を設定しております。この機会に本物の鍼灸をご体験ください。